TOP > 事業紹介 > SPG-Remote
spg-remote
spg-remote-s

SPG-リモートで実現可能

より気軽に

より気軽に

  • 1クリックのみの簡単な作業
  • 時間コストなし
  • SPGアプリをインストールするだけ
  • 特別なネットワーク不要

より安全に

より安全に

  • 高信頼セキュリティ

【6つのセキュリティ制御とネットワーク分離】

上限1,000万円まで三井住友海上保険様の個人情報漏えい保険対応

より効率よく

より効率よく

  • 緊急対応で出勤できない場合のリモートワーク
  • 外出時の移動時間やアポイントメントの隙間時間を利用し社内自席のPCを操作可能に

SPG-リモートのセキュリティ技術

セキュリティ技術図解

ご利用イメージ

利用イメージ図解

商品一覧

2種類の『SPG-Remote Standard』

  • 金融機関にも導入されるセキュリティクラウドを利用しています。
  • セキュリティクラウドの利用方法の違い『SPG-Remote Standard TYPE A』と『SPG-Remote Standard plus』の2種類があります。
  • どちらも1ライセンス1,350円/月(税別)です。

1)TYPE A お客様専用セキュリティクラウド

typeA図解

初期費用:181,800円〜(税別)
  月額:1ライセンス 1,350円/月(税別)
 ロット:5ライセンス単位での販売
契約期間:1年間

※初期費用はライセンス数によって変わります。
※個人情報漏えい保証が付帯されます。

2)plus 共用セキュリティクラウド

plus図解

初期費用:19,300円〜(税別)
  月額:1ライセンス 1,350円/月(税別)
 ロット:1ライセンス単位での販売
契約期間:1年間

※初期費用はライセンス数によって変わります。
※個人情報漏えい保証が付帯されます。

SPG-リモートの強み・技術

選ばれる理由

接続元ネットワークと接続先ネットワークが繋がらない仕組みで、社内へのウィルス侵入やサイバー攻撃、社内からの流出を防ぎます。

強固なVPN

安全で強固な
L2TP/IPsec方式のVPNを使用

VPN接続情報をコピーされ、不正侵入されることはありません。電子証明書を使ったSSL-VPN方式では、電子証明書をコピーされ、不正侵入されるリスクがあります。

キャッシュ自動クリア

接続元PCに一切の情報を
残しません(BYODも安心)

SPG-Remote終了時に、操作履歴やキャッシュ情報など接続元(BYODや持ち出しの)PC内全ての情報は削除されます。PC内にデータが残りません。

画面キャプチャ防止

画面に表示された情報を守ります

プリントスクリーンなどでキャプチャすることができません。

キーロガー防止

キーボードから入力する情報漏えいを防ぎます

キーボードからの入力情報を搾取するキーロガーウイルスがPCに潜んでいた場合、SPG-Remoteは終了します。

付帯される個人情報漏えい保険について

損害の種類 対象となる事故 対象損害・対象費用 支払限度額
損害賠償 SPG-Remote(SPG-App利用)に関連して発生した情報の漏えいに起因する賠償損害 法律上の損害賠償金など ◯1ライセンスあたり50万円※1
◯1法人あたり
保有ライセンス数×50万円※2

※1 1年間1事故・1回のみ
※2 最大1,000万円まで
※2 保有ライセンス数は情報の漏えいに
起因する賠償損害もしくは情報の漏えい
またはそのおそれが発生した時点の保有数

費用損害 SPG-Remote(SPG-App利用)に関連して発生した情報の漏えいまたはそのおそれ 事故対応費用など
※保険内容を抜粋して表示しています。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ先

技研電子株式会社 モバイル・セールス本部 法人営業部 IoT事業課
TEL:06-7739-4450 FAX:06-6229-3841
Email:メールアドレス
受付時間:平日午前9時〜12時 午後13時〜17時まで
安心・簡単・安全な医療機関向けテレワークツールはこちら