TOP > 採用 > 先輩インタビュー > SE業務
西日本技術サービス本部 ネットワーク部 システムソリューション課 Oさん
SE業務
私の勤務地は大阪市営地下鉄・京阪の淀屋橋駅の近くです。自宅は淀屋橋から京阪電車で15分ほどの場所にあります。
入社時は神戸の実家から通勤していましたが、2時間ほどかかりますし、出勤・帰宅の時間に制限が付きますので、思い切って大阪で一人暮らしをすることにしました。

Q.一日のスケジュールを教えてください

社内業務の場合
08:15 出社
始業準備
08:30 朝礼
申し送り事項 事故速報等の伝達 安全標語等を全員で唱和
08:40 始業
資料作成、コンフィグ作成、評価、プリ現等
12:00 昼食
1時間の昼休憩。各自お弁当を買ってきたり、ビルの地下の食堂に行ったりする。
13:00 午後始業
資料作成、コンフィグ作成、評価、プリ現等
13:00 午後始業
資料作成、コンフィグ作成、評価、プリ現等
17:15 定時退社
社外業務の場合
08:50 お客様現場に直接出勤
09:00 入局後、当日の作業についてや、危険個所をミーティングで意識合わせ
09:10 作業開始(機器入れ替え、設定変更)
12:00 昼食
作業時間が押していたりする場合は後回しになることもある
14:00 機器入れ替え完了。随時、正常系・異常系試験/td>
17:00 試験結果に問題がないことを確認後、お客様へ引き渡し
17:30 定時退社
お客様現場を退局、直帰

Q.仕事をしていてやりがいは何ですか

私の担当業務でのやりがいは、達成感にあると思います。
大抵の場合、NWの切り替えというのは、一時的にお客様のNWが停止してしまいます。その停止している時間を短くするために、準備に準備を重ねます。長い時は1カ月以上前から、その日の為に準備します。
それだけの時間をかけて、自分が用意してきたものが想定通りに動き、自分の思った結果が得られたとき、これは何物にも代えがたい、達成感につながります。

Q.今挑戦していることは

入社して2年目も終わりに差しかかっていますが、まだまだ自分が関わったことのない技術や機械があります。
また、NWのようなIT関連の技術はすごい勢いで進化していっています。
ですので、何かに挑戦するのではなく、「何事にも挑戦する」というのを私は信条にし、業務にあたっております。

Q.将来の目標は

私が担当している業務は案件全体からみると、現場よりの下流の工程です。
知識・経験が不足している現状は、ここでそれらを習得し、将来的にはもっと上流の工程に携われるようになりたいと考えています。
実際に現場を経験し、下流・中流と登ってきたからこそ出来る、全体を見通した提案をしていく、そんなSEになるのが私の将来の目標です。

Q.入社して思うこと

私が入社して思ったのは、技研電子が教育を大事にしているということです。
入社二日目くらいから、関東の方で研修が2カ月に渡って行われました。内容はLPICとCCNAの習得が主でしたが、もちろんビジネスマナー等についても教えて頂くことが出来ました。
私の担当業務では、LPICで習得した知識を使うことは少ないのですが、CCNAを取得する過程で学んだ知識は日常の業務ですごく役に立っています。
また、資格取得に際しての褒章等の制度もしっかり整備されており、社員がやる気を出しやすい環境が整えられています。

Q.応募者へのメッセージ

技研電子はいわゆる、「中小企業」に分類されます。
最近国内ではもちろん、海外でも日本の中小企業の技術力は高く評価されています。技研電子はまさに、そういった技術力で勝負することができる良い会社だと私は思います。
ですが、入社にあたって求められる基礎の知識は多くありません。誰であれ、始めから高い技術力を持っているわけではありませんし、先ほども述べたとおり、技研電子は人を育てることを大事にしている会社です。
もし、あなたが高い技術力をもったエンジニアを目指しているのであれば、技研電子は、その目標を達成するための知識・経験を得るのにとても適した環境だと思います。

入社2年目
インタビュー実施日:2014年12月