TOP > 採用 > 先輩インタビュー > パブリックサービス部 放送・映像サービス課
玉川技術サービス本部 パブリックサービス部 放送・映像サービス課 Hさん
SE業務

Q.技研電子に入社したきっかけを教えてください

通っていた専門学校の合同企業説明会に技研電子も参加しており、とても話しやすい雰囲気を感じました。仕事内容や作業場所等、私の希望している条件に近いこともあり、入社を意識しました。きっかけはたまたまのような状況でしたし、現在は学校で学んできた分野と多少異なる現場におりますが、あの時の直感を信じてよかったなと感じています。

Q.仕事をしていてやりがいは何ですか?

私の携わる作業には大変シビアな時間の制約があり数時間の間に作業及び確認を終えなくてはいけません。そのため現場では当たり前となってしまっている既存の方法を精査し、より効率よく、より失敗の少ない方法を模索し手順書を準備することが重要な作業だと考えています。その手順にて予定通り作業を完遂できた際、準備期間の大変さも相まって非常にやりがいを感じています。

Q.仕事で楽しいと感じるのはどんなときですか?

残念ながら基本的に仕事は大変なことの方が圧倒的に多いです・・・ただ、だからこそお客様からの感謝の言葉や、上司からの激励の言葉など、ちょっとしたことが本当に心に刺さります。そういったやりとりを行えるまで関係を構築できている現場での作業はやはり楽しいと感じますし、もっと成長したいと考えるきっかけの一つになっています。

Q.自身の成長を実感したエピソードを教えてください

先日、作業で客先を訪問した際に予期せぬ不具合が発生しました。初めての現象の上、上司に頼ることのできない状況に戸惑いましたが、今までの知識を総動員させ、機器仕様書から原因を読み解きなんとか問題解決に努めました。無事作業を終えた私はホッとすると同時に成長を実感し、この経験が現在の自信につながっています。

Q.応募者へのメッセージ

技研電子は新人研修が手厚く、資格の取得なども支援してもらえます。私の研修の際には2か月間大阪にて資格取得及び作業のノウハウ等、社会人に必要なことを教えていただきました。また、同期といる時間が長く、信頼関係を築けました。現在は別々の場所で作業をしておりますが、気軽に仕事話のできる同期がいることはとても心の支えになりました。そういった環境が整っているのも技研電子の魅力の一つではないかと思います。
また、作業内容に関しても多少特殊なものも多く、学校での知識が役に立たない事も多々あります。ですが、逆に考えると、皆が素人から始めているということです。現在の知識や技術に自信のない方も存分に活躍できる場はたくさんありますので、その点は安心してください。それでは、一緒に働ける日を楽しみにお待ちしています。

入社年:2015年